オズのまほうつかい


あらすじ


カンザスに住む少女ドロシーはある日、巨大な
竜巻に巻き込まれオズの国へ迷い込んでしまいます。
ドロシーは、知恵が欲しいかかし、心が欲しいブリキの
きこり、勇気が欲しい臆病なライオンと出会い、
魔法使いオズの住むエメラルドの都を目指して
彼らと共に冒険の旅に出かけます。
ドロシーは故郷カンザスへ帰ることができるでしょうか?

よく知られていて楽しい物語『オズのまほうつかい』
その楽しさはそのままに、しかしそれだけではなく、
むすび座ならではの独自の視点と、人形劇だからこそ
可能な表現を追求し、むすび座でしか創り得ない
『オズのまほうつかい』を創りだします。

舞台条件

上演時間 85分(途中休憩10分)
一回の最大観客数
800名程度(大・中ホール)
*平土間(体育館など)では 500名程度

キャスト

太田博巳 木下いくみ 小林嵩幸 塩沢くみ

高光浩一 長谷川真代 宮武史郎 和田真琴人

スタッフ

原作/Lyman Frank Baum
脚色/篠原久美子(劇団劇作家)
演出/関根信一(劇団フライングステージ)
美術/宮武史郎 小辻賢典
音楽/ノノヤママナコ(マナコ・プロジェクト)
振付/LONTO(ラストラーダカンパニー)
   服部哲郎(afterimage)
衣装/長谷川真代
照明/若狭慶大(藤井照明)
制作/吉田明子 伊藤博美