あそんジャOH!/
こぶじっさ


あらすじ

『あそんジャOH!』

ハンカチ・タオル・てぶくろ・くつしたなど、
普段手にしている物が色んなものに大ヘンシン。
ドキドキ・わくわくしながら楽しいことを探す旅に出かけます。
みんなで一緒にあそんじゃお~!
見立て遊びの面白さを感じられる人形劇です。
身近にあるものを使って表現でき、見終わった後からすぐに
子どもたちの真似っこ遊びが始まるでしょう。

『こぶじっさ』

  とんとむかしのまたむかし。ほっぺたに大きなこぶのある
「じっさ」がおったとさ。
ある日じっさは山の神さんたちの宴会に出くわした。
「ばっさのところに帰りたければ、踊って見せろ。
面白かったら帰してやろう」
ところがじっさは怖くて震え、手も足も思うように動かない。
さてさてへっぴり腰のじっさはうまく踊ることができるのか。
月の出ない一夜に起きたふしぎなものがたり。

舞台条件

上演時間 約60分(2本立て)
一回の最大観客数:250名程度
(公民館・遊戯室など平土間)

キャスト

世宮友江 辰巳博昭 三屋自然

スタッフ

-あそんジャOH!-
構成/D・ハーン
演出/辰巳博昭
美術/世宮友江
音楽/三屋自然

-こぶじっさ-
脚本/和田周子
演出/安藤勝司・和田周子
美術/工房太郎
音楽/八幡美佳