ぶんぶく茶がま/
おばあさんとマリーちゃん


あらすじ

『ぶんぶく茶がま』

 お馴染みの昔話を人形劇化。いたずら大好きの
和元気な子だぬきが、尚さんを驚かそうと「茶がま」に
化けるのですが、いたずらがすぎて和尚さんが大切に
していた掛け軸を破ってしまいました。
さぁ、どうなってしまうのでしょう!?


『おばあさんとマリーちゃん』

   一人暮らしのおばあさん、ある日公演でかわいい子犬と
遊びました。それがあんまり楽しくて犬を飼う事にしました。
名前はマリーちゃん。おばあさんとマリーちゃんの掛け合いが
楽しい素敵なお話です。

舞台条件

上演時間 約60分(2本立て)
一回の最大観客数:150名程度
(公民館・遊戯室など平土間)

キャスト

柿内尚生 和田周子

スタッフ

     -ぶんぶく茶がま-

      脚本・演出/永草友士
      美術/工房太郎
      音楽/八幡美佳

     -おばあさんとマリーちゃん-

      原作/織茂恭子(福音館書店刊)
      脚色・演出/和田周子
      美術/小辻賢典
      音楽/塩沢くみ