へびくんのおさんぽ/
しょじょ寺のたぬきばやし


あらすじ

『へびくんのおさんぽ』

雨上がりに、おさんぽに行こうと外に出たへびくんとねずみくん
の前に、水たまりがありました。「渡れない。こまったなあ!」
と言っているねずみくんを見て、へびくんは
「こんなのへっちゃらさっ!」
と、水たまりに自分のからだで橋をかけました。
橋になったへびくん、どんな活躍をするのでしょうか?

『しょじょ寺のたぬきばやし』

このさびれた古寺は、誰がつけたか「おばけ寺」。
  寺に居ついた子だぬきたちが、おばけに化けて追い返す。
変な和尚がやって来た。おばけ退治にやってきて
おばけに脅され逃げまどう。それでも優しい、変な和尚。 無邪気な和尚と子だぬきたちの心の触れ合いを通して、
仲良くすることの楽しさ・大切さを感じてください。

舞台条件

上演時間 約60分(2本立て)
一回の最大観客数:250名程度
(公民館・遊戯室など平土間)

キャスト

藤中智光 瀧田将士 渡辺智美

スタッフ

-へびくんのおさんぽ-
「へびくんのおさんぽ」
作・絵/いとうひろし(鈴木出版刊)より
脚色/西浦万里子・五十里洋子
演出/いわいだひろえ
美術/柿内尚生
音楽/坂野嘉彦

-しょじょ寺のたぬきばやし-
脚本/和田周子
演出/永草友士
美術/工房太郎
音楽/大野栄潤